MENU

CLOSE

借金を整理し減額できる方法と専門家に相談しよう

借金を整理し減額できる方法と専門家に相談しよう

610views

カテゴリ:未分類

今抱えている借金を減額できるかチェックしてみよう

a6ed39365e0581548589801665388e4f_s

月々返済しなければいけない額が段々と生活の負担になっていたり借金の利子が高くて毎月支払っても支払っても中々減っていかない、もしくは減った感覚が感じられなかったりして頭の中が家庭や仕事よりもお金のことがいっぱいで色んなことに集中できないなど。

基本的に利子には条件が合って20パーセントを超えてはいけないと法律で定められていますので、20パーセントを超えているのはいわゆるヤミ金と呼ばれています。消費者金融などでは大体が18パーセントだと言われていますが、これは少額で借り場合など金額に合わせて変わっていき大きい金額を借りた場合は利子が低く設定される場合がほとんどです。利子の計算は借りている額×金利×借りていた日数÷365日(円×パーセント×日÷365=利息額)が利息額になります。

20パーセントを超えてはいけない法律を利息制限法と言い、利息制限法の引き直し計算を行って減額後の債務を今後の利子を無くして長くて約5年の月日とともに分割払いにする方法や、司法書士が債権者と今後の将来の返済方法だったり返済している額などについて交渉を行って、今現在の支払い方よりも良い条件に可能になるような話し合いでの合意を成立させる方法など様々な提案で今抱えている借金を少しでも軽くできるように整理できる方法などを債務整理と言います。

また過払い金と言って本当は支払う必要がないのに,貸金業者に支払い過ぎたお金のことで長期の間返済し続けている方にはこの過払い金が発生している可能性があります。様々な原因で本来の借金の額が大きくなってしまったりと整理できるところがあるかもしれません。

債務整理には4つの種類があります

債務整理には4つの方法を全てまとめられていて、自己破産・個人再生・任意整理・特定調停があります。これら借金側から適した方法を選んで整理していき、大きい額から少ない額までそれぞれの事情によって今後の完済に難しいと判断して先ほど触れた4つの方法で整理します。

法律に詳しくなく良く分からない方が多く選ばれるのは任意整理と言う方法です。任意整理とは弁護士などその道のプロが直接あなたの代わりに交渉してくれる方法で、借金の減額を目標としています。

専門家に相談することで頼りになる存在が味方に付いてくれる為、専門的な知識が無くて分からなくても1つ1つ小さなことでも相談でき分かりやすく説明してもらえ、自分に合った提案をしてくれて力を貸してくれます。こうした専門家に任せて見ての今後のメリットとデメリットを見ていきましょう。

債務整理のメリットとデメリットを知っておこう

15716eef5972b2064f24edaed17d5bb0_s

一番の良いところは専門家に任せられるので裁判所を通すこともなく比較的スムーズに進めていくことが可能であり、それと同時に利子がストップをすることで返済が早まるところがメリットと考えられる1つのポイントです。

また、今の心情を専門家に相談できるのは力強い存在になってもらえて不安な気持ちも解消されると思いますし、過払い金などの特殊なことにいち早く気づいて対処してくれるなど1対1で話し合いができるのも心強いですね。次に債務整理のデメリットを解説していきます。

良いことばかりではありませんが知っておきたいことがあり、債務整理及び4つの方法から選んで手続きした後はブラックリストに載りますので任意整理では約5年は借入が制限されます。それぞれ他の手続きを行った際にもおおよその年数は制限されますのでしっかり理解してから手続きしていきましょう。

少しでも気になったら相談しよう

弁護士又は専門家には気になったことは遠慮せずにどんどん相談して下さい。あなたの力になる頼りになる存在なので全てが終わった際に分からないことが起きてトラブルなどを防ぐためにも安心して整理できるように目指して下さい。