MENU

CLOSE

債務整理ってどんなもの?知っておきたい基本知識をご紹介

債務整理ってどんなもの?知っておきたい基本知識をご紹介

285views

カテゴリ:未分類

債務整理は過払い金以外にも

15716eef5972b2064f24edaed17d5bb0_s

テレビCMなどでよく聞く過払い金請求により、初めて債務整理を知ったという方は少なくないのではないでしょうか。実際にはこの債務整理というのは過払い金のみの事を指しているのではありません。過払い金以外にも多数の債務整理があり、それぞれの債務整理によってできる内容が大きく異なっています。そしてどの債務整理においても共通しているのが、借金で苦しむ人を助けるための救済措置であるという事です。

弁護士や司法書士に依頼をする事で、債務整理というのは誰でも利用をする事ができます。費用はかかりますが、借金の減額によるメリットの方が大きいケースには債務整理を行うべきです。自分もしも現在借金があり返済で苦しんでいるという方がいらっしゃれば、債務整理の利用を検討してみる価値はあるはずです。とはいえ、債務整理の事がよくわかっていないという場合には、なかなか利用に踏み出す事はできないでしょう。

基本的に債務整理は大きく分けて過払い金、任意整理、個人再生、自己破産の四つが存在しています。それぞれについて簡単に理解しておけば、今後利用しやすくなると言えるでしょう。また実際に債務整理を決意なさった方は、まずは弁護士などに相談をしてください。初回の相談料は無料という場合が多いので、困ったら専門家の話を聞くだけ損はありません。

四つの債務整理の特徴

75dd6141ae0281971f3009be13613261_s

任意整理とは

任意整理というのは、数万円程度で依頼ができる債務整理の中で最も気軽と言えるものです。債権者との交渉を通じて利息のカットや借金の減額を目指します。財産差し押さえや裁判所の手続きなどは必要ありません。また任意整理をした事で就けなくなる職業というのもありませんから、安心です。

また債務者は何もせずに弁護士や司法書士に全てを任せておけば良いので負担は全くと言って良い程ありません。ただし借金を大幅に減らさないと返済ができないという場合には、任意整理では間に合わない可能性もあります。

過払い金請求とは

過払い金請求というのは任意整理と似ているものですが、任意整理が現在返済中の借金に対して行われるのに対し、過払い金は既に完済した借金に対して行うという違いがあります。以前の借金で利息を払いすぎていた場合、利息制限法に基づきしっかりと再計算をしその過払い分を取り戻す事ができます。ただし時効が借金完済から10年なので、そこだけ注意が必要になります。

個人再生とは

個人再生というのは、任意整理と自己破産の中間くらいの立ち位置になります。財産を差し押さえられる事なく、借金を任意整理よりも大幅に減らす事ができます。裁判所に申し立てをしなくてはいけませんが、5分の1まで借金が減るというのはとても大きなメリットでしょう。ただしその減った借金は3年で返済をしないといけません。なので一定収入が見込め返済が続けていける人しかこの個人再生はできませんから注意が必要です。

自己破産とは

自己破産は耳にした事がある方も多いでしょう。借金を減額ではなく帳消しにできるという唯一の債務整理が、この自己破産です。メリットが大きいのは一目瞭然なのですが、デメリットもその分大きくなりますから注意が必要です。まず自己破産をすると財産は差し押さえになります。

そして現金も99万円以下しか持つ事ができません。ただ必要最低限の家具や家電、衣類などそういったものは残す事ができますから自己破産後生活ができなくなってしまうなんていう事はありません。このようなデメリットはありますが、人生の再スタートを切るために自己破産は非常に役に立ちます。なので本当に必要であれば、躊躇する気持ちもよくわかりますが今後の生活のために勇気を持って行う事が大切です。