MENU

CLOSE

弁護士は強い味方!債務整理を弁護士に依頼する3つの利点

弁護士は強い味方!債務整理を弁護士に依頼する3つの利点

298views

カテゴリ:未分類

債務整理で借金からの脱出を

d4eb3c7f5ff0a6d1db2486e253d6fabe_s

債務整理とは?

事業の失敗であったりリストラなどを通じて安定した収入を得ることが困難となり、結果として住宅ローンや自動車ローンなど多額の返済に対して満足な返済を行う事ができず、結果として滞納という形で借金を重ねてしまった場合、最後の手段として設けられている法的制度にあたるのが、債務整理という手段です。実は、債務整理とは1つの制度のことを指す言葉ではなく、

  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産

という3つの法的制度を総称した名称のことで、これら3つの制度をそれぞれ指す言葉として一般的に活用されているのが実状です。債務整理を行う最大のメリットとなるのが、既に抱えている借金を帳消しに、或いは支払いを一定期間にわたって猶予してもらえるという点で、この制度を上手に活用できれば、日々の生活さえ困難となり得る借金生活からの脱出も十分に可能です。

債務整理のメリット

債務整理は、法的制度として所定の手続きを行わなくてはいけないことが義務づけられています。ただし、この義務をしっかりと果たすことができれば、現在抱えている借金とその返済について、一定期間の猶予を国家が認めてくれるほか、どうしても返済が困難と見なされた正当な内容に基づく借金であれば、自己破産という形で全て帳消しにしてもらえるというメリットがあります。

債務整理で被るデメリット

ただし、債務整理にはメリットだけでなくある程度のデメリットも存在している事を事前に理解しておかなくてはいけません。例えば、債務整理の1つである自己破産を選択した場合、自己破産者は記録に残され、一定期間あるいは恒久的に金融商品の利用や契約が制限される可能性があります。

また、民事再生などを行った企業は、社会的な信頼が失われ、以後の事業運営で様々な関門が待ち構えている点を把握した上で、実際に利用するかどうか決定しなくてはいけません。

債務整理で強みを発揮する弁護士

cd7598445245e893e5c7326b88db5732_s

債務整理は個人でも実行可能

債務整理を行う場合、手続きに於ける最低限の法的知識や作法を理解していれば、素人の方でも申請手続きを行うことは可能です。ただし、債務整理は法律によって規定されている制度であることから、どのような借金申請であればどの任意整理や自己破産などのうちどの制度が適用されるのか?などに違いがあり、これらはいずれも、実際に申請手続きを行う段階で必ず申請者本人が全て理解しておかなくてはいけません。

間違った手続きや書類の不備があると、それだけで申請自体が滞ってしまい、結果としてその期間、借金がどんどん膨らんでしまう可能性も否めません。

債務整理で弁護士に依頼する3つの利点

債務整理という法的手続きを行う上で強い味方となってくれるのが、弁護士です。ご存知のように、弁護士は様々な法律に対する知識を有し、また法的手続きを相談された依頼人に変わって代行する権利を持つ法律のスペシャリストであり、これは債務整理も例外ではありません。

また、債務整理の手続き自体を弁護士に事前に相談した上で依頼しておくことで、3つの利点を自動的に依頼者は獲得することができます。その3つの利点とは、

  • 煩雑な手続きをミスすることなく完遂できる
  • 債権者との交渉を弁護士に代行できる
  • より多くの借金減額や過払い金の回収が可能になる

というものです。例えば、最初に挙げた利点では、債務整理を個人で全て行うためには、膨大な種類にわたる証明書類を事前に用意した上で、法律に基づいた形で申請書類の作成を行い窓口に提出しなくてはならず、この手続きは素人にとっては非常に難しく煩雑な内容です。

弁護士に依頼すれば、これらの手続きや書類の作成を全て代行できるため、申請自体の手間を省くことができる上、書類の作成ミスや不備による申請却下のリスクも自動的に回避出来ます。

また、民事再生や自己破産によって借金の貸し主である債権者との間の減額や過払い金の請求についても全て弁護士に一任できるので、交渉のプロでもある弁護士の下、より確実な結果を見いだせるでしょう。更に、確固たる法律の知識に基づいて行動する弁護士によって、債務整理で得られる効果を最大限に高められる点も大きな利点の1つです。