MENU

CLOSE

借金が減らないこともある?任意整理を行う上での注意点

借金が減らないこともある?任意整理を行う上での注意点

586views

カテゴリ:未分類

任意整理にはデメリットもある

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

債務整理の中で一番お手軽で、多く行われている任意整理ですが、そこにはデメリットもあります。誰でも任意整理を行えば借金が減るということではありませんし、借金が減っても、その代償を支払わなければならないこともあるのです。その中で一番有名なのがブラックリストでしょう。

任意整理を行うと、消費者金融のブラックリストに登録されてしまうことになります。そのことにより、消費者金融からの借入ができなくなったり、クレジットカードやローンの審査が通らなくなってしまうのです。消費者金融からすれば、事前に承諾したはずの契約を覆されているため、ブラックリストに登録されてしまうのは仕方ありません。

また、任意整理を行うという行為そのものが、金銭的に余裕がなく、収入も見込めないという証拠にもなってしまうため、このようなことになってしまうのです。

必ずブラックリストに登録されるわけでもない

任意整理で過払い金請求を行ったからといって、必ずしもブラックリストに登録されるというわけでもありません。過払い金を請求した際に、その額が借金の元本を上回り、全て返済できるという状態であれば、ブラックリストには登録されないのです。ただしここで、1円でも借金が残ってしまえば、ブラックリストに載ることは避けられません。充分に注意しましょう。

借金が減らないこともある

債務整理には様々な方法があり、そのほとんどは借金の額を減らすことができるものですが、任意整理に関しては、借金が減らないことも多くあります。そもそも過払い金というものは、平成20年より前に借金をしていた人にのみ発生していた、余計に支払っていた利子のことです。

そのため、平成20年以降に借金をしたという人は過払い金を請求することはできず、借金もほとんど減らないのです。とはいえ、債務整理によって今後の利子を少なくすることはできます。詳しくは弁護士に相談してみましょう。

任意整理を行うために求められること

5ec2515a531449674afe83660387b879_s

任意整理は、借金のある人が一方的に消費者金融に申し込んで完了するものではありません。あくまで、消費者金融との合意がなければ、任意整理を行うことはできないのです。そのため、任意整理の内容を消費者金融が承諾するために、求めてくることがあります。そのことをよく理解していないと、債務整理を申し込んでも受け入れてもらえないことも多いため、注意しておきましょう。

支払い能力があるかどうか

任意整理を行う上で、一番重要になってくるのがこのポイントです。任意整理によって過払い金が発生しなかった場合、今後の利子を下げてもらえるように交渉をしなければなりませんが、そこで一番重要になってくるのは、利子を下げたとして、残りの借金を返済することができるのかどうかということです。

つまりは、返済能力が焦点になってくるということなのですが、ここで返済能力の有無と、返済計画をしっかりと提示することができれば、任意整理を消費者金融は受け入れます。しかしこれが提示できない、または到底無茶な内容だったりすると、消費者金融は任意整理に応じません。

そうなると、民事再生や自己破産というような、他の債務整理の方法を選ばなければならないので、この話し合いをどのように乗り切るかということは重要な課題です。弁護士としっかりと相談して、乗り切りましょう。

応じないことも多い

任意整理は裁判所などを通さず行う債務整理のため、手続きが簡単というメリットがある一方、強制力がないというデメリットもあります。つまりは、任意整理に応じるかどうかということは、消費者金融の裁量次第なのです。そのため、なかにはなかなか任意整理に応じてくれない消費者金融も存在します。こうなると、他の債務整理の方法を選ばなければならなくなるので、借金をする際の消費者金融選びは大切なことです。