MENU

CLOSE

個人再生や自己破産にはない任意整理のメリットとは

個人再生や自己破産にはない任意整理のメリットとは

616views

カテゴリ:未分類

失う物が少ない任意整理

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

債務整理の中には、任意整理、個人再生、自己破産の三つがあります。この三つの債務整理の中で、任意整理にしかないメリットといえば、失う物が少ないということです。任意整理の場合、過払い金請求を行い、借金を全額返済できる場合もありますし、場合によっては失うどころか、過払い金によって懐が潤うこともあるのです。

とはいえ、まったく何もないというわけでもなく、過払い金によって借金を全額返済できなかった場合、消費者金融のブラックリストに登録されてしまうことになります。そうなると、消費者金融からの借入は行えなくなってしまい、また、消費者金融のブラックリストは、クレジットカードやローンなどにも影響してくるので、そこでも審査が通りにくくなってしまいます。

5年経てば、ブラックリストの登録は消え、また借入などが行えるようになりますが、不便といえば不便です。しかし、物理的に失う物は特にないので、他の債務整理に比べれば、メリットは大きいのです。

自己破産や個人再生は財産を差し押さえされる

自己破産の場合、任意整理とは違い、あなたが所有している財産を差し押さえられることになってしまいます。当然、車や家具、電化製品、家などもその対象となるため、以前の生活と同じ生活を続けるのは難しいでしょう。個人再生の場合、住宅に関しては手続きを踏めば残すことができます。

しかし、多くは車だと思いますが、ローンの残っている物で、その名義がローン会社である場合、手元に残すことはできなくなってしまいます。家族などがそのローンの残りを、一括で返済すれば、手元に残すことができるのですが、現実的には難しい話でしょう。実際にそのような事例も少ないというのが、実情です。詳しい手続きや、手元に残すための方法は、弁護士に相談しましょう。

任意整理は家族や会社などにばれるリスクが低い

b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

任意整理のもう一つの良い点は、家族や会社などにばれるリスクが極端に低いということです。というのも、任意整理を行う上では、特別な書類を会社などに用意してもらう必要がありません。基本的には、身分証明書があれば、必要な書類は自分で準備できるのです。

ばれてしまう可能性としては、弁護士とやり取りしていることがばれてしまうという可能性です。会社に弁護士からの書類が郵送されてきたり、電話の内容を立ち聞きされてしまったり、メールを見られたり、というようなリスクがあります。

とはいえ、書類に関しては、自分の家に送ってもらうように言えば良いだけですし、電話も自分の携帯電話にかけてくれ、とお願いしておけば大丈夫です。事前に家族や会社にはばれたくない、と弁護士に言っておくと、一番良いでしょう。基本的に任意整理は、家族や会社にはばれないものなので安心してください。

個人再生や自己破産はばれる可能性が高い

まず自己破産ですが、これはほとんどばれると思ってください。財産を差し押さえされるため、一緒に住んでいる家族はもちろんですが、家自体も差し押さえられれば、離れて暮らしている家族にもばれてしまうでしょう。また、奥さんが働いている場合、奥さんの会社の源泉徴収などが必要になってくるので、そこにもばれる可能性があります。

個人再生も自己破産ほどではありませんが、ばれる可能性が高いです。同居していない家族であれば、ばれる可能性は低いですが、自己破産と同じように奥さんの源泉徴収が必要なため、同居している家族に隠すのは難しいです。また、退職金額証明書が必要となりますので、会社にそれをお願いしなければなりません。その書類が必要な理由を、なんとかごまかせればばれませんが、それも難しいでしょう。どうしてもばれたくなければ、弁護士も相談に乗ってくれるはずですので、良い知恵をもらいましょう。