MENU

CLOSE

上手く使う!債務整理に陥らない為のキャッシングの使い方

上手く使う!債務整理に陥らない為のキャッシングの使い方

482views

カテゴリ:未分類

債務整理に陥らない為のキャッシングのポイント

0a88ddcc9d0a22c9f3424d81818b8b9f_s

キャッシングをすると言うのは、いわゆる借金をすると言う事です。それは、キャッシング専用のカードローンをつかったものでも、クレジットカードのキャッシング枠を使ったものでも同じです。いずれにしても借金なので、しっかり注意して使わないと任意整理などの債務整理をしないと利息でどうすることもできないという状態になってしまうこともあります。では、どうしたらそうならないように使う事が出来るでしょうか?

いくつものところから借りない

まず大切なことは、幾つものところから借りないという事です。借金というのは、たくさんのところからしていると、自分が総額いくら借りているのかが分からなくなり、いまいち返済が進んでいきません。そうしてちょくちょく借りては返しを繰り返してしまい、利息だけがどんどん高くなっていってしまうのです。

さらにいえば、基本的には借金というのは、借りることができる金額が高くなればなるほどに利息が安くなるようになっています。だから、たくさんのところから少しずつの限度額で借りていくと、どうしても利息が高くなり、返す金額が多くなってしまうのです。

それではいつまでも利息が減らず、弁護士に任意整理などの債務整理の相談に行くことになってしまうでしょう。でも、一つのところからだけ借りるならば、金利も得ですし、管理も楽なので、多少安心です。

多く返済する癖をつける

上手くキャッシングを使うためには、多く返済するクセをつけるという事も重要です。キャッシングは、毎月これくらい返せばよいという定額方式での返済が多いです。でも、それでは利息が多くかかり、あまり返済が進んでいきません。なので、キャッシングを上手く使おうと思ったら毎月少しでも多く返済するようにするのです。

たとえば、毎月15000円の返済をしないとならないのであれば、返済する際には18000円くらいで返済するようにします。すると多少なりとも早く返済を進めることができて、その分損も少なくなりますし、何よりも返済しているという意識をしっかりと持つことができるようになるので、余計なお金を使わないようになるのです。

借りなくても済むようにするのが一番

2d156dca4991b3eead32f7dba7b507e3_s

一番良いのは当然ながら、借りなくても済むようにすることです。テレビCM等では、キャッシングをしても過払い金などである程度お金を取り戻せるというような事を言っていますが、過払い金を取り戻せるのは、今よりも昔に借金をしていた人で、今から借金をする人や、ここ3、4年で借金をし始めた人には関係のない話です。

たとえ弁護士に相談したとしても、どうすることもできないでしょう。つまり、今借金をしたら、上手く使えたとしても、こちらが得したりすることはまずないのです。だから、一番良いのは借金をしないことだと言えます。

日々の生活を見直すことも大切

借金をしないで生活していく為には、日々の生活を見直す事も大切です。たとえば、出費で余計なものばかり買っていないかとか、そもそもの収入が自分のスキルや経験と合っているのかとか、そういう事をしっかりと考えて、もしそれが適切でないのであれば、改善していかないとなりません。

余計な出費が多いのであれば、ものを少し減らしてみると良いでしょう。すると何かを集めたいという欲がなくなり、余計な出費はしなくなります。余計な出費が無くなると、わざわざ借金をしなくても何とかなる人が多いです。また、収入が低いのであれば、少しでも早く転職できるように努力してみるべきでしょう。転職エージェントなども利用して少しでも早く転職していけば、キャッシングしようという考えは自然と消えていくでしょう。