MENU

CLOSE

借金の完済後も過払い金が戻るって本当!?利息もつくの? 

借金の完済後も過払い金が戻るって本当!?利息もつくの? 

937views

カテゴリ:未分類

過払い金は取り戻せるの?

a70ff43439853225ad8b3b9e0e92abe2_s

過去に利息制限の上限を超える金利で借金していた人は、過払い金返還請求を行うことで、過払い金を取り戻す事が可能です。これは謝金の返済中であっても、完済していても取り戻せるため、高金利で借金した経験がある人は一度計算してみた方がいいかもしれません。

利息制限法の上限金利について!

利息制限法の上限金利は、以下の通りです。

  • 元本10万円未満の場合、年率20%
  • 元本10万円以上100万円未満の場合、年率18%
  • 元本100万円以上の場合、年率15%

過去の消費者金融においては、年率29%と言う金利で貸付していた時期もあり、利息制限法の上限と比べるとかなりの高金利です。そのため、過去に借金額が多かった人は、過払い金が多い可能性が高いといえます。

取引履歴の開示請求!

借金完済の場合は、自分がいくら借金したのか忘れている場合もあるでしょう。そこで、取引していた貸金業者に取引履歴の開示請求を行いましょう。取引履歴の開示請求は電話か郵送で行う事ができます。また、この場合、運転免許証など本人確認書類のコピーを求められる場合があります。

基本的に貸金業者は、顧客からの取引履歴の開示請求に対しては応じなければならないという義務があるため、拒否する事はできません。貸金業者には取引履歴については10年間保管する事と言う義務もあるため、10年以上前でない限り取引履歴がないとは言えません。

また、どこの貸金業者から借りていたのか忘れてしまった場合には、取引履歴の開示請求が困難となります。しかし、そのような場合には、信用情報機関に信用情報の開示請求を行うことで知ることができるため、開示請求で判明した場合は、貸金業者に取引履歴の開示請求を行うことができます。

過払い金の計算!

取引履歴が届いたら、過払い金の計算を行うことができます。貸金業者から100万円借りていた場合、利息制限法の上限では年率15%となります。しかし、年率25%で借りていたとしたら、年率15%で計算し直すことで、過払い金がいくらあるのか算出することができます。

この算出方法については、インターネット上で利息制限法に基づく法定金利計算書を手に入れることで計算するこができます。利率の箇所には利息制限法の上限を記入し、その他、借入金額、弁済額などを取引履歴を見ながら入力していきましょう。

過払い金には利息が付く場合もある!

貸金業者を利用する時は借金する側となりますが、過払い金ではこちら側が請求する側となります。そのため過払い金には、利息が付くのです。過払い金100万円以上になるような高額の場合は、結構な利息が付きます。きちんと利息を付けて貸金業者に過払い金の返還請求を行うようにしましょう。

弁護士に相談するのがオススメ!

cd7598445245e893e5c7326b88db5732_s

基本的に過払い金の返還請求手続きというものは、債券整理や任意整理などと同じようにさまざまな種類の資料や書類の作成、収集などが必要になり、高レベルな法律の知識なども必要です。そして、一言で手続きと言っても、莫大な知識と時間が必要になるため、これには安心して任すことのできる専門家である弁護士にまずは相談することが賢明でしょう。

また、弁護士事務所もいろいろありますが、中でも、債務整理を専門に行っている弁護士事務所がオススメです。それは、過払い金返還請求の場合など、利息も付けて請求するとなると貸金業者が抵抗する場合も考えらます。

債務整理を専門に行っている弁護士であれば、同じような症例を多く取り扱っており、交渉力に優れているため、交渉次第では早期解決する事ができ、有利な条件で勝ち取る可能性も高いのです。そのため弁護士事務所を探す場合には、ホームページを確認し、債務整理や過払い請求、任意整理などに付いて詳しく記載されているかどうかを確認するようにしましょう。