MENU

CLOSE

自己破産するとクレジットカードや借金は何年NGに?

自己破産するとクレジットカードや借金は何年NGに?

948views

カテゴリ:未分類

自己破産をすると長くて10年、クレジットカードやローンカードが作れなくなります

6c1b4cda275b476265733e20157a70ec_s

日常でも「破産」とか「破綻」という単語が使われるためか債務整理というと自己破産を思い浮かべる人が多いと思います。しかし、自己破産は債務整理の中でももっとも債務者の経済状態が悪い時に行われるものなので、そう簡単に使われるものではありません。

自己破産を簡単に説明すると「債務をすべてなくす」ための手続きです。今まで悩んでいた借金問題も自己破産の申請が認められればそのまま解放されます。ただ、そのぶん条件やペナルティは厳しいです。まず、自己破産が認められるためにはすべての債権者に平等にできる限りの弁済をする必要があります。

よって、総計100万円以上の財産はすべて差し押さえられます。家や車も例外ではありません。そのため、自己破産したことによって引っ越しや転職を余儀なくされる場合があります。次に支払い不能であることを証明します。十分な収入がある場合はできません。そして、ギャンブルや浪費に借金を使っていないことも重要です。また、債権者のうちの誰かを贔屓した場合も自己破産が認められない場合があります。たとえ借主が友人や家族でも優先してはいけないのです。

次にペナルティについて説明します。以上のような条件をクリアして自己破産を終えたら官報に名前が載ります。偶然知人が観ることは少ないですが、恐ろしいのは闇金業者です。彼らは官報をチェックして、借金のDMを送ってきます。そして、ブラックリストには7〜10年載ります。

この年数の開きは自己破産の仕方ではなく信用機関による違いです。そのうち最も長いものなら10年残ります。自己破産をした事実が残っている限りはクレジットカードは作れませんし借金をすることも不可能です。つまり、ブラックリストから名前が消えるまではあなただけの力で頑張る必要があります。また、自己破産した後も弁護士費用は払わなくてはいけないのでそれが債務と言えば債務になります。

だからと言って闇金業者は絶対にNGです。自己破産者が再び自己破産するためには7年の経過が必要なことを彼らは分かっています。分かった上であなたに借金の誘惑をしてくるのです。高利貸しをして、どんな手段でも取り立てようとする。そんな甘い誘いには載らないように注意しましょう逆に最も困窮度が低い時に使われる方法は任意整理と呼ばれ、利息や支払期間のみの見直しとなります。

債務整理はとにかく早めに行うこと、不安ならすぐに弁護士へ相談を

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

このように、自己破産は最も効力とペナルティが大きな制度なので可能な限り早く債務整理を行いたいものです。そのため、できれば任意整理で済ませられるようにしましょう。任意整理は弁護士に相談ののち、金融会社との交渉を直接弁護士が行ってくれます。つまり、あなたは弁護士に相談して、代理をお願いすればあとは何もしなくてOK。あとは和解文書ができるのを待ちましょう。

和解文書には修正後の利息やその後の支払計画について載っています。ブラックリストに載るのは5年ですが、元本を払うことくらいなら可能という人に限られます。借金が深刻になると任意整理では解決不可能で個人再生や自己破産しか選択肢がなくなります。だから、借金に不安を感じた時が弁護士へ相談するタイミングです。もし、相談料が気になる場合は相談無料の事務所や法テラスを活用すると良いです。

また、任意整理によって借金の元本が減ることもあります。これはあなたが過払い金を支払っていた場合ですが、どうして過払い金が発生するのでしょうか?それは、2006年にみなし弁済が実質廃止されるまで不当に設定された利息に原因があります。つまり、2006年または判例が法律となった2007年以前に借金を始めた人は利息を払いすぎている場合があります。完済してから10年は取り返せるので、しっかりと権利を行使しましょう。