MENU

CLOSE

自己破産後も意外と快適?生活に影響がない人もいるって本当?

自己破産後も意外と快適?生活に影響がない人もいるって本当?

781views

カテゴリ:未分類

自己破産したからと言って仕事がなくなるとは限らない

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s

債務整理の中で最も重いものが自己破産であり、職業の制限を受けることもあります。資産があれば手放さなければならない事でも知られる自己破産ですが、実は多くの人が財産を手放さずに生活を続けることができるのです。これは職業の制限の内容や、資産の定義を知ることが重要になります。まず、職業の制限を受けるのは、弁護士などの士業や警備員、金融機関の業務など、お金や権利に関わる仕事になります。

一般的な給与所得者や自営業者などは職業の制限の範囲外になっているのです。また、自己破産の情報は個人情報であることから、基本的に勤め先などに自動的に伝わる仕組みは存在しないのです。制限外の仕事であれば破産の情報が伝わることもなく、そのまま仕事を続けられるのが一般的です。

むしろ、借金の滞納などで給料の差し押さえなどが発生することの方が問題のため、借金に困った場合は早めに弁護士に相談するのがおすすめです。次に、自己破産時の資産の管理についてです。自己破産時は資産をすべて手放さなければいけないわけではなく、生活に必要な家財道具などは手元に残せるようになっています。

また、少額の資産を保護する手続きを弁護士に依頼する事も出来るため、一部は手元に残すことができるのです。破産管財人が入るほど財産を持っている人間はごく一部です。土地や建物などの資産や、車なども持っていない場合は、資産を処分することなく生活できることも珍しくないのです。

無理に家財道具などを処分しようとしても、処分費用や人手を雇う費用の方が高くついてしまうと言う現実的な問題もあります。元々借家やアパートに住んでいれば住んでいる所を追い出されることもなく、家財道具の処分も必要ないなど、ほとんど影響なく生活できてしま場合もあるのです。もちろん、持ち家に住んでいる場合も引越しのための猶予が与えられるので安心です。

自己破産を避けたい場合に取れる選択肢は

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

自己破産をすることによってメリットが得られる人がいる一方で、保証人などが要ることから安易に自己破産できない人もいます。夫婦間で保証人になっていれば一緒に自己破産すると言った方法もありますが、そういった手続きが取れない人も多いのです。借金に困った場合は債務整理について弁護士に相談するのが基本で、まずは過払い金が発生しているかどうかから確認することになります。

過払い金とは高額金利で過去にお金を借りていた場合に発生するもので、返還請求をすることで戻ってくるものがあるのです。大手金融機関でもグレーゾーン金利と呼ばれる高い金利を設定していたことがあり、長く借金を返済していた人は該当する可能性が出てきます。返済済みの借金でも発生している可能性があるため、純粋にお金が戻ってくることもあるのです。

弁護士費用は戻ってきた過払い金の一部と言うケースが多いため、費用倒れにならない点もポイントになります。過払い金が無い場合や、返済額があまり減らない場合は、任意整理も検討する形になります。任意整理は金融機関と弁護士が交渉することで、金利を下げられる手続きのことです。転職等で収入が減ってしまった場合など、自分の支払い能力に限界がある場合は検討するのも方法で、1社あたり数万円単位の料金で金利が半分以下になるケースもあるのです。

任意整理の特徴は、交渉する金融機関を選べることで、保証人が要る契約だけを外すと言ったことも可能な点です。もちろん、そういった制限が無ければすべての金融機関との交渉を依頼することも可能です。月の返済額が大幅に減ることもあるため、見積もりや依頼の可否を含めて弁護士に相談するのがおすすめなのです。