MENU

CLOSE

夫が借金で自己破産…離婚は急ぐべき?

夫が借金で自己破産…離婚は急ぐべき?

1081views

カテゴリ:未分類

夫が自己破産してしまったら

a9107bbd3425131e5a177bd2da5f4d12_s

借金は夫婦関係に大きな亀裂を入れかねない重大な問題です。もし夫が多額の借金を作ったのに返済が追いつかず自己破産するようなことになってしまったら、妻の頭によぎるのは離婚の2文字です。借りたお金も満足に返せず自己破産に追い込まれるような相手と結婚生活を続けてよいのだろうかと疑問に感じるのは当然ですが早まってはいけません。

自己破産を含む債務整理というのは人生の新たなスタートとなる手続きであり、もう一度夫婦で人生をやり直す大きなチャンスでもあります。夫の自己破産が妻にどう影響するのかを学んでからでも離婚は遅くありません。決断を焦らず状況を整理し、本当に離婚すべきかを冷静に考えましょう。

夫の自己破産が妻に与える影響

夫が自己破産すると妻にはどんな影響があるのでしょうか。自己破産を含む債務整理手続きは基本的に個人に対して行われるものなので、実際のところ夫が自己破産したとしても妻にはほとんど影響はありません。

自己破産した本人である夫は最低限の現金以外の財産を失い就業制限や金融上の信用失墜などのペナルティが発生しますが、直接的に妻に対してペナルティが発生することはありません。妻名義の財産は自己破産の管財対象にはならず夫の手続きとは無関係に所有が認められますし、自己破産手続き完了後も就業制限はありません。

主婦の方に限ってはローン審査やクレジットカード審査で夫の収入や金融信用情報が審査対象になるため一部制限は発生するものの、共稼ぎなど経済的に独立していれば影響はありません。自己破産によリ妻にデメリットが生じるのではないかと恐れて離婚を急ぐ方も少なからず見受けられますが、悪影響が及ぶことはないので焦って離婚する必要はとりあえずありません。

マイホームに住んでいる場合は引っ越さざるをえない

夫の自己破産が妻に悪影響をおよぼすことはほとんどありませんが、夫名義のマイホームに居住している場合は引っ越ししなければいけないという影響が及びます。夫名義のマイホームは管財対象財産として処分され債務の返済に当てられてしまいます。

夫婦の共有名義のマイホームでも夫の持ち分に関しては管財対象になってしまうのでそのまま住み続けるのはこんなんです。賃貸住まいの方は引っ越しを共用されるようなことはなく、家賃を滞納しない限り引き続き住み続けることができます。

自己破産した夫とは離婚したほうがいい?

880f22f2181937c5937e1a2ea7fe4437_s

自己破産による悪影響がないとはいえ、借金を返せなくなって債務整理するというのは夫婦としての信頼を大きく損なう行為です。特に夫が妻に隠れて借金していたようなケースでは自己破産で借金がなくなったからといって以前と同じように相手を信頼してともに生活を続けることは心情的に簡単ではありません。

もう一度この人と一緒に人生の再出発がしたいと思えるのなら離婚せず結婚生活を続けるべきですが、心から信頼できないなら離婚という選択肢を決断すべきでしょう。

借金の内容は要確認

自己破産にまで至るということは過払い金を回収して取り戻した過払い金で完済できるような借金ではなかったということです。任意整理ができれば任意整理で借金問題を解決していたはずで、弁護士に相談していたのに自己破産するしかなかったということは弁護士に相談しても任意整理では解決できない性質の借金だったということに他なりません。

どんな目的でつくった借金なのかによっても将来的な金銭トラブルの可能性は大きく変わってきますから、離婚を考える前に借金の内容を確認しておきましょう。

まずは自分と子供の将来を第一に考えよう

離婚すべきか否かは一概に言えるものではありません。大切なのは自分と子供の将来を第一に考えることです。夫と結婚生活を続けて自分と子供が将来幸せになれるのか、再び借金で迷惑をかけられるのではないかなど、夫に対するう気持ちはひとまず脇においてまずは自分と子供のことだけを考えましょう。自分と子供が将来幸せになれるような決断をしてください。