MENU

CLOSE

一度任意整理したけど・・・再び借金が返済できなくなった場合

一度任意整理したけど・・・再び借金が返済できなくなった場合

938views

カテゴリ:未分類

任意整理をしたけど、再び借金が返済できなくなった

880f22f2181937c5937e1a2ea7fe4437_s

多額の借金を抱えて、返済ができないという状況に陥った時に利用を考えるべき手段が債務整理になります。債務整理というのはその名の通り借金を整理するための方法となっており、任意整理・個人再生・自己破産という3つの方法が設けられています。このうち、最も裁判所を通す必要が無く、比較的簡単に利用できるのが任意整理という制度になります。

任意整理を行うためにはまず弁護士・司法書士といった専門家に相談する必要があります。これらの専門家に相談の上、代理人として金融機関との交渉にあたってもらうことになります。任意整理では金融機関と交渉することにより、金利の変更・支払いスケジュールの変更・将来の利息の免除といったようなことを交渉することになります。

なお、弁護士・司法書士に相談すると、併せて過払い金請求という形で払いすぎた利息の返還要求を行う提案をされることもあります。したがって、任意整理と過払い金請求を合わせて交渉するというケースが多くなっています。

さて、このような任意整理によって、借金を返済できる目途も立ちひと安心していたら、自分自身の病気・会社の倒産などのトラブルによって、再度借金返済の目途が立たなくなる場合があります。このような場合、もう債務整理の対応を行うことはできなくなってしまうのでしょうか?

2つのケースによって異なる対応

1664bb3366fe906cf2669d80d4d6f4f7_s

まず、再び任意整理を考える状況としては大きく分けて2つのケースがあると考えられます。1つ目のケースは任意整理をした後、つまり、しっかりと借金を返済し終わっているケースです。借金返済後、思わぬトラブル等によって、新たにまた借金を抱えることになってしまったというのがこのケースです。この場合、最初の任意整理の際に借り入れを行った金融機関とは別の金融機関から借り入れを行っているケースがほとんどです。

なぜなら、任意整理を行った金融機関には「任意整理をおこなった」という記録が残り続けるため、もう2度と借り入れができなくなってしまうためです。そのため、借金するとしても、最初とは違う金融機関を選ぶ必要があります。この場合、2回目の任意整理で交渉の対象となる金融機関が変わってくるため、任意整理の交渉には応じてもらえるケースがほとんどです。

これに対して、2つ目のケースは任意整理をして借金の返済中、再度借金の返済が難しくなったという場合です。このケースは一度金利の減額や借金の支払いスケジュールの変更などの交渉を行って、支払い可能と考えられるような条件に変更した上で、また払えなかったということになります。

この場合、金融機関が任意整理の再交渉に応じてくれる可能性は限りなく0パーセントに近いということになります。したがって、個人再生・自己破産といった債務整理の方法を検討していくことになります。個人再生については借金の大幅な減額、自己破産については借金の帳消しの処理となります。

ただ、どちらの方法を取るにしても裁判所を通して手続きを行うため、非常に煩雑な処理が発生することになります。また、自己破産については借金を免除してもらう代わりに自分が持っているすべての財産を差し出す必要があります。

この際、ポイントになってくるのはこの差し出す財産の中に家が入っているということです。債務整理を行った後、債務者は新しい生活を再建していく必要があります。この際、住む家を失っていると、生活の再建に躓く可能性が高くなります。結果的にまたお金が足りなくなってしまい、借金を繰り返すという悪循環に陥る可能性も否定できません。自己破産はあくまでも慎重に検討するようにしましょう。