MENU

CLOSE

弁護士に債務整理を相談すれば必ず借金は減らせる?

弁護士に債務整理を相談すれば必ず借金は減らせる?

942views

カテゴリ:未分類

借金問題を早めに弁護士へ相談したけれど

e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s

借金問題解決の頼もしい味方になってくれるのが弁護士です。弁護士に相談することで借金の状況を見直し、債務整理や過払い金請求などで借金を減らし生活再建を目指した新たな返済計画を立案することができます。しかし、弁護士は法律の専門家として頼もしい仕事をしてくれますが必ず借金が減らせるという保証はありません。

借金の内容や金額によっては相談しても全く借金が減らない可能性もあります。困ったときに弁護士を頼るのはいいですが、最初から弁護士をあてにしてはいけません。債務整理を前提にした借金など許されるものではありません。弁護士への相談は最後の手段です。借金問題が全く改善されない可能性もあることを知っておきましょう。

減らないどころか赤字になる可能性も

弁護士に相談しても借金が減らないどころか赤字になってしまう可能性もあります。債務整理が成功する見込みが無いのに手続きするよう無理に頼み込むと、借金は減らないのに弁護士費用だけがかかってしまうということになりかねません。債務整理を依頼すれば少なくとも数十万円の弁護士費用はがかかり、弁護士費用を下回る結果しか出なければ赤字になってしまいます。

黒字飲み込めない依頼であれば弁護士のほうから債務整理しないほうが得だからと依頼を取り下げるよう促してきます。意地になって債務整理を押し通し通してもいいことなど何もありません。弁護士にメリットがないと言われたら債務整理は諦めて別の方法で借金問題解決を目指しましょう。

弁護士に相談しても借金が減らないケース

c13994f3b2ce5440b9fdcaffecb7d398_s

弁護士に相談しても借金が減らないケースはいろいろあります。事前にはっきり結果がわかるものもあれば弁護士に相談してみないと減らせるかどうかはっきりしないケースもあるので、弁護士に相談するのは無駄ではありません。無料相談なら無駄な出費もいらないので、少しでも可能性があるなら弁護士に相談をしてください。相談してみて無理なようであれば素直に別の方法を探してください。

グレーゾーン金利適用分がなければ過払い金は取り戻せない

過払い金請求は長く借金の返済に苦しんでいる人ほど取り戻せる金額も大きくなりますが、返済金にグレーゾーン金利適用分が含まれていなければ過払い金は存在せず返還請求をしても1円も取り戻すことはできません。出資法の上限金利は2006年12月に改正されたため、それ以前に借金をした方は返済金にグレーゾーン金利が含まれていますが2006年12月に借金をした方はグレーゾーン金利が適用されておらず過払い金請求をしてもお金を取り戻せる見込みはありません。

2006年12月以前の借金でも利息制限法の金利以下で借りたお金であれば過払い金はありません。金利の低い銀行系カードローンや住宅ローンなどにはグレーゾーン金利は適用されていないので過払い金請求をしてもお金おは取り戻せません。グレーゾーン金利適用分が返済金に含まれていなくても過払い金請求以外の方法でなら借金を減らせる可能性はありますが、いわゆるブラックリスト入りを避けて借金問題を解決するのは困難です。

過払い金の時効が過ぎている

過払い金請求権には10年の消滅時効が定められています。取引完了から10年を過ぎると請求権を失うので、該当する時期の借金に覚えのある方は早めに請求手続きしてください。

ギャンブルや浪費目的の借金

過払い金請求や任意整理であれば借金の目的や使途は無関係ですが、自己破産の場合は借金の目的によっては債務整理が認められない可能性があります。自己破産は債務が全て面積になる非常に強力な手続きであり、軽々しく利用していい利用できる制度ではありません。

本人の落ち度でつくった借金の安易な救済を避けるためにギャンブルや浪費目的の借金に関しては自己破産の対象外とされ、手続きを進めても裁判官の判断で自己破産の申し立てを却下されてしまいます。当然の権利である過払い金請求や当事者同士の話し合いで成立する任意整理なら借金の目的は無関係です。ギャンブルや浪費目的の借金を債務整理したいなら過払い金請求や任意整理での快活を目指すしかありません。